クロート:都築数明 1971年生まれ
仏壇職人・伝統技法活用プロデューサー・アーティスト
拝む物、拝む事をテーマに作品を作ったり、製作プロデュースをしている。

僕は「祈る」よりも「拝む」方が好きだ。
拝む行為には軽さはない。
一心不乱に拝む姿は、あたかも許しを請うようだ。
拝む人は自分の中に悪がいる事を知っている。
そして拝みの中で悪を少しでも善に変えようとするのだが、
悪はやっぱり悪なので拝みをやめることはできない。それが人間っぽい。僕の作品は贖罪60%、感謝40%をイメージして作っている。
日本人の中には「ごめんなさい」と「ありがとう」が常に混在している。無意識の中にある日本人の感情を表現していきたいと思っている。